05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

原発への想い

2011年03月20日
今日も夕方から東京消防庁では厳しい現場から放水作業をしてくれます。

知人がこんな文章を送ってくれたのでご紹介しますね


原発が泣いています。

人々のために一生懸命今まで動いてきたのに、
地震で、津波で、負傷して辛い思いをしているのに、

みんなから恐れられ、非難され、攻撃され、
悲しい、辛いって泣いています。

だれも自分の応援をしてくれていない、
自分はひとりぽっちだと泣いています。

どうか原発に向けているあなたの拒絶のエネルギーを止めてください。

人々から突き刺すようなエネルギーを受けて、
原発が悲しみで破裂しそうです。

人々の恐れと悲しみと嫌悪と怒りと不安と拒絶のエネルギーを受け、
とても寂しく、縮こまっています。

原発は(少なくとも今の福島原発は)「風の谷のナウシカ」のマンガで出てきた巨神兵と似ています。

恐るべき破壊力をもっていますが、心は子供のよう。
痛んだ身体を背負いながら泣きながら母を捜している幼子のようです。

どうぞ、あなたが原発に向けている否定のエネルギーを感謝のエネルギーに代えてください。

原発があったから今まで私たちは豊かに暮らしてこれたのです。
原発を作ったのは私たち人間です。
要するに原発の親は私たち人間です。

原発が負傷をおって放射能を出しているからといって、原発が悪いわけではありません。
問題は危険を承知でそれを作った人間にあります。

私たちは原発の親であるのに、子が負傷して危険になったら悪者扱いをしてすごい否定のエネルギーを送っています。
原発は自分の存在を親に否定された傷ついた子供のようになっています。
人間に例えて想像してみてください。それがどんなにつらいことか。

どうぞ愛のエネルギーを注いであげてください。
感謝の気持ちを原発に伝えてください。
愛の波動で満たしてください。

恐れる前に、嫌う前に、感謝の気持ちを伝えてください。

よろしくお願いします。

others | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
こんな風には考えていなかったです。

原発には賛成ではないけど社会の在り方を見直すべきではと思いました。

この文を読めて良かった。
いろいろな思いや考え方がありますよね。

原子力やエネルギー問題についてはこれから本気で考えていかなければならないですね。

「雰囲気のエコ」ではなく、
「本気の環境への配慮」
を。
地球のために。ひいては人類のために。

自然に生かされていることを感謝します。
Re: あやさん
誰が悪いとかという事ではなく、

このような危険で無理のあることを良しとしてしまっているこの社会のあり方を見直すべきなではと思いました。

懸命に毎日危険な作業をしてくださっている方々には本当に感謝です。
Re: イチキさん
本当に同感ですv-22

そうだねv-219

自然に生かされていることに感謝します。i-265

管理者のみに表示